【初心者向け】Web制作に必要な「HTML/CSS」を学ぶためのロードマップ

こんにちは!

最近ではオンライン事業の重要性が高まってきており、ますますWeb制作の需要が増えていきます。

例えば、以下のようなお仕事です。

・Webサイトの構築
・ネットショップの作成
・ランディングページの作成

そこで今回は完全初心者に向けてWeb制作の中で必要不可欠である、「HTML/CSS」を勉強するためのロードマップを紹介します。

分かりやすく、簡潔に説明しますので興味のある方はぜひ最後まで読んでみてください!

HTML/CSSはWebサイトの基本となる知識

Webサイト制作をする上で「HTML/CSS」を理解する必要があります。すべてのWebサイトは「HTML/CSS」をベースに作られているからです。それぞれ簡単に説明していきますね。

HTMLとは?

Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)と呼ばれ、あなたが目にするインターネット上のWEBページは「HTML」で作られています。

CSSとは?

Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)と呼ばれ、「HTML」で作成したWEBページの見た目を整える言語です。例えば、文字の色や大きさ、余白などを調整します。

初心者におすすめのHTML/CSSの学習法

知識ゼロからHTML/CSSを学ぶ、おすすめの方法は大きく4つあります。

①スクールに通う
②職業訓練で学ぶ
③オンライン講座で学ぶ
④独学で学ぶ

それぞれ順番に説明していきます。

①スクールに通う

Web制作を教えてくれる学校はたくさんあるので自分に合いそうな場所を選びましょう。

費用は掛かりますが、対面で教えてくれる講師や一緒に学ぶ仲間もいるので初心者でも安心して学ぶことができます。

スクールの中には就職サポートをしてくれる所もあるのでお金に余裕がある方にはおすすめです。

②職業訓練で学ぶ

職業訓練を知っていますか?もしあなたが失業中であれば、職業復帰するために国が興味のある分野を無料で学ばさせてくれる制度があります。

職業訓練校に通うには試験を受ける必要がありますが、場合によっては失業保険を受給しながらお金の心配をせずにサイト制作を学ぶことが可能。

興味のある方はぜひお近くのハローワークで調べてみてください!

③オンライン講座で学ぶ

最近ではオンライン講座も人気があります。自分のペースで好きな時に好きな場所で学習できるからです。

価格もスクールに比べると安いのですが、パソコンやインターネット環境を準備する必要があります。

挫折しそうになっても最後までモチベーションを保てる自信のある方にはおすすめです。

④独学で学ぶ

本やネットの情報などを参考にしながら、独学でWeb制作を勉強することもできます。

最近では格安で利用できる学習サービスや無料のYouTube動画も増えてきているのでやる気さえあれば、勉強できる環境があります。

しかし、自分で情報を探したり、取捨選択しなければなりません。分からないことがあっても自分で調べて解決するのが得意な方にはおすすめです。

まとめ

今回はWebサイト制作の基礎である「HTML/CSS」の学習方法について紹介しました。

なんとなくイメージはできましたか?今後もWeb制作の需要は増えていくので興味のある方はぜひ勉強を始めてみましょう。

もしかしたら、この記事だけではどうしたらいいか不安に思う方もいると思います。でも安心してください!

弊社では経験豊富な講師が無料診断を行っております。今からでもまだ遅くありませんよ。

ぜひ気軽にご連絡ください。それでは最後まで読んでいただきありがとうございました。